So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

原発

昨日、首相官邸前で、かなり大規模な原発反対のデモがあったようですね。原発の問題は、非常に複雑で、一概には意見表明をできないと思っていたのですが、昨日のデモを見ていて、やはり前からある違和感を感じたので、少しだけ書いてみようと思いました。
原発は、確かに現在の科学では、完全に安全に制御できるとは思えません。なので、将来的には原発は無くした方が良いと思っています。しかし、現時点ではどうなのかと言われると、正直答えに困ります。東電の電気料金値上げには、もう少しやり方があるだろうと反発は覚えますが、原油高なのも確か。このままでは、燃料費だけで日本経済がダメになってしまうだろうと思えるほどです。なので、その場しのぎのための原発再稼働は仕方ないかなとも思えてしまいます。実際、原発を稼働していなくても、厳然として、燃料棒は発電所の敷地内にある訳です。この燃料棒は、条件さえ満たせば、すぐにでも臨界に達します。だから冷やし続けなくてはいけない訳です。その危険性を忘れて、ただ再稼働反対というのも変な気がします。もちろん、稼働し続けて、全ての燃料棒を使い切っても、放射性物質は残りますので、後処理の処理の問題は残ります。しかし、新たに燃料棒を購入することはせず、再稼働して、時間を稼いでいる間に、水力を含め、風力、地熱、太陽光、潮力等の自然エネルギーをフルに活用するように、国策として行うというのであれば、私は受け入れられます。もちろん、その間に新たな地震等の災害が起こり、福島原発のようなことが起こらないとは否定できませんが。
現在、原発反対と言っている人達は、エネルギー問題をどこまで考えて反対しているのでしょうか?その辺の主張が全く見えてきません。ただただ反対と言っているのでは、何も解決しません。その分節電しますというのなら、まだ分かりますが、そう主張しているようにも見えないし。いかがでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

最低保証年金?生活保護?

民自公が合意したようですが...。
結局、社会保障に関しては、全て棚上げ。増税先行が決まってしまいました。前回も書きましたが、増税自体には反対していないのですが、やるべきことをやらずにやるのはねぇ...。
それよりも、棚上げされた社会保障の中で気になるのが、最低保証年金。結局は弱者対策な訳ですが、生活保護と何が違うのでしょうか?受給年齢?いまいち、よく分かりません。そもそも、生活保護制度自体、おかしいと思っています。批判を承知で書けば、働く気があるけど、仕事が見つからないというのは、仕事を選り好みしている可能性は?本当に働く気があるの?何故、住居費が高い都市部に住まないといけない?など等、疑問はかなりあります。林業、農業など、働き手がいなくて困っている所はいくらでもあります。そういう所に働きに行かないで、都市部に留まり、その分生活保護費を上乗せしてもらうというのは、本末転倒のような気がするのですが...。国として、生活保護を受給したいなら、どこそこに住んで、こういう仕事を手伝え、とか、いくらでもやりようがあると思うのですが...。生活保護制度に関しては、疑問は募るばかりです。それなのに、さらに最低保証年金の導入ですか?ますます分かりません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

消費税増税

消費税の増税法案が、大詰めを迎えているようですが...。
私は、消費税の増税に対しては、反対ではありません。但し、やはり国会議員数の削減、歳費の削減、政党助成金の見直し、社会保障制度の見直しなどなど、歳出削減のための努力を同時並行で進めることが前提です。現在の増税法案以外、全て棚上げになっている状況では、やはり賛成できません。
しかし、審議拒否などの様々な状況はあるにせよ、現在の国会の空転状況は、国会議員は歳費の丸儲けと言われても、何も言えないでしょう。どこかの地方自治体ではないですが、やはり歳費も歩合制にする方が良いのではないでしょうか?そもそも数も多すぎますしね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

与党と野党

久々の更新となってしまいましたが、この頃の国会論議に関して、一言。
与党は、強行採決をして、予算案の年内成立を確実にしました。しかし、3月4日の採決でも、年内の成立ができるのに、何故踏み切ったのでしょうか?福田首相は、十分な時間、審議をしたと語りましたが、十分な時間の審議と、十分な審議とは、意味が違うと思うのですが?特に、暫定税率の延長問題はともかく、高速道路の中期計画に関わる問題やイージス艦の衝突事故から始まった防衛省問題は、これからが議論の本番のような気がするのですが。私は、安倍元首相の時は福田さんにかなり期待していたのですが、就任してからの福田首相には、C型肝炎問題も含め、かなり落胆しています。このままでは、ますますじり貧になってしまうので、この辺で、もう少し頑張ってもらいたいですね。
一方の野党、特に民主党に関してですが、昨日小沢党首が記者会見していましたが、最近ほとんど表に出てきていない感じです。鳩山さんや菅さんばかりが表に出てきて、暫定税率の延長反対を唱えているような印象です。どうしたのでしょうか?さらに、暫定税率の延長反対を唱えるのは構わないのですが、必要な道路は造ると言っている、その道路建設の費用をどこから捻出するのか、全く分かりません。その財源をどうするのか、野党が予算案全体をどのように考えているのか、全く見えてこないのが現状です。しかも、与党が修正協議に応じると言っているのに、与党が出した予算案に対して、与党から修正案を出すべきだと、よく分からないことを平気で言っています。これでは、与党がこれ以上審議を続けても意味が無いと思って、採決をしたのも当然のような気がします。政局のための反対をするのは構いませんが、ちゃんと国民が納得するような形でやらない限り、民主党の信用度が上がることはないと思うのですが。
議長斡旋に対する考え方も与野党で全く違うようですし、これからの一ヶ月、どういう形で決着がつくのでしょうかね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

Yankees 2008 [野球]

今シーズンは、1試合しかまともに見れなかったので、今までノーコメントでしたが、久々にYankeesの話題を。
ご存知の通り、Torre監督が辞任して、Girardi監督に交代したYankees。このオフシーズンのニュースをちょっとあげただけでも、
1)A-Rodは、移籍前提だと思われる契約破棄、FA宣言。(3億5千万ドルの契約ってのは、ちょっとあり得ないですよね)
2)Pettiteが引退に近いFA宣言。(プレーするなら、Yankeesのみとのことですが)
3)Clemensも引退宣言に等しい、Astrosのアドバイザー就任。(さすがに、そろそろ限界ですかね)
4)Posada、RiveraがFA宣言。(こちらは再契約できそう??)
5)Cashman GMが来季のレフトはDamonと、松井は既に第4の外野手扱い。(膝の手術をする訳ですから、現段階では妥当な見解なのですが、日本人としては気になります)
と、まあ、大丈夫か?というニュースばかりですね。
Girardi監督とCashman GMの一致したチーム作りの基本は、若返りだと思います。そう考えると、キャッチャーはPosada以外にメジャーで渡り合える人がいないために、再契約を優先することになると思いますが、Riveraはどうなるのでしょうかね?Riveraは、ここ2年ほど、大事なところほど、打たれてしまうことが多くなってきてました。特にRedSoxに対しての成績が悪すぎますね。Joba Chamberlainなど、若くて良いピッチャーが成長してきたことから、彼らを新たなCloserとして、うまく育てることを考えるのも悪くないと思います。
松井に関してですが、ここ2年ほど、ここぞ!という時に限って、打ててません。確かに打点は多いかもしれませんが、本当に点が欲しい時には、かなりの場面で凡退が続いていました。プレーオフでの結果を見れば、よく分かると思います。これでは、第4の外野手扱いになっても、仕方ない面もあるでしょう。膝のクリーニングがうまくいって、来年は2年目のような活躍ができることを期待します。
A-Rodは、どうなるのでしょうね?正直、年棒が高すぎるだろうという気がしますが、それでも契約するだけの価値があるのでしょうね。今シーズンも、レギュラーシーズンに関しては、素晴らしかったですしね。Yankeesとしては、リーグに調停を申し出ることで、引き留めようとは試みるでしょうが、A-Rod側は、不利な裁定が降りることが確実なので、拒否するでしょうね。Yankees側としては、調停を申し出ておけば、A-Rodが入団したチームからドラフト指名権を譲渡されることになるのですから、とにかく調停申請をするでしょうけど。
こうなると、来期の3塁は誰が守ることになるのでしょうね。私は、若返り方針から考えると、3AにいるEric Duncanを、そろそろメジャーデビューさせるのではないかと思っているのですが、まだ早いのかな?
来年1月くらいまで、いろいろと選手が動くことになりそうですから、しばらくは、また傍観していたいと思います。


安倍首相辞任

昨日、安倍首相が退陣しましたね。
でも、本当に、何故昨日というタイミングなのでしょうか?
所信表明演説をして、これからその方針に対する質問を受けようという時に、投げ出すに等しいことをした訳ですから、前代未聞です。安倍さんの今後の政治生命も、自ら断ってしまったような辞め方でしょう。これだけ無責任なことをした人が、本来なら政治の世界にとどまり続けるのですら、おかしいのではないかとさえ思います。確かにここ数日、体調を崩していて、このままでは小渕さんの二の舞になるという思いがよぎり、それを言う訳にはいかないから、小沢さんのせいにしたんでしょうかね?

しかし、昨日というタイミングになったことに関して、もし麻生さんが月曜の所信表明の前に聞いていたのを思いとどまらせていたというのが本当なら、麻生さんの責任も相当重いと思います。正直言って、次の総裁選に出る資格なんて無いでしょう。麻生さんが、参議院議員選挙の直後にすぐに続投を支持したのも、今回の辞意を思いとどまらせようとしたのも、結局は自分が跡を継ぐ時期を、少しでも楽な時期にしようと画策していたからでしょうしね。

焦点は、後継首相が誰になるかですね。
麻生さんにはなって欲しくありません。上記のことがなくとも、これだけ、ことを大きくした責任は、やはり幹事長職に現在いるという麻生さんの責任もあるはずですから。小泉前首相の再登板は、無いでしょう。小泉さんは、自分の人気が落ち目であることは十分分かっていますから、その中であえて出てくるようなことはしないでしょう。ただ、小泉チルドレンが独自に誰かを候補として擁立しようという動きは面白いので、誰を立ててくるのかには興味があります。小池さんあたりでしょうか?与謝野官房長官、谷垣元財務大臣の名も挙がっているようですが、これだけの混沌を抑えられるような力は無いのではないかと思います。
ということで、私は、やはり福田さんになって欲しい。小泉内閣、安倍内閣と続いて、ゴチャゴチャになった政界(自民党?)をうまく落ち着かせるには、穏健派の人々の登場と、上でどっしりと構えていられる精神力のある人でないと無理でしょう。小泉政権の官房長官をしていた福田さんを見ている限りにおいて、両方を備えている人なのではないかと期待しています。


参院の存在意義

選挙の話題が続きますが、昨日の参議院議員選挙、自民党の惨敗に終わりましたね。今まで野党が2回続けて勝つことが無かった為に過半数が取れないということになっていただけに、今回の野党の勝利は大きいですね。自民党の青木さんが過去にいろいろ言ってましたが、戦後の参議院は存在意義が全くなかった(と私は思っています)訳ですが、今回の自民惨敗を受けて、初めて存在意義が出てくるのではないでしょうか。参院で、議長を含め委員会の各委員長のポジションを民主党に取られたことは、自民党にとって本当に痛いでしょう。今後、政府・自民党(+公明党)は、衆議院では法案が通せても、参議院では簡単には通せないことになり、時間切れ廃案となるものも多々出てくるでしょう。これで、自民党も(というより、安倍さんが)、自己満足の政治では無く、もう少し民衆よりの政治をするようになると良いのですが。

少し話は変わって、私は、今回の選挙の結果で安倍さんが辞めることは無いと思っています。理由は二つ。一つ目は、このまま解散総選挙で民意を問おうとしても、自民党は勝てない訳ですから、安倍さんはただ辞めるしかない。何が何でも憲法改正をしたい安倍さんにとって、これはできないことでしょう。二つ目は、自民党に火中の栗を拾うような犠牲心のある政治家がいない。こんな状況の中で、総裁、首相になっても何もできないというのに近い訳ですから、誰もしたがらない。だったら、続投を表明した安倍さんをもう少し担いで、自民党に流れが来るのを待つ方が賢明という判断をしているだろうということです。40議席を割ることが判明したにも関わらず、すぐさま安倍続投路線が決まったことが良い証拠です。
一方、民主党の方は、早い時期に衆院の解散・総選挙に追い込んで、政権交代に結びつけたいところでしょう。今後の小沢さんの政治手腕が見ものです。が、小沢さんにとっての痛手は、小沢さん本人のイメージがあまり良くないことでしょう。総選挙となった時に、果たして小沢民主党がどこまで支持されるのか、政権担当を決定する衆院総選挙では、違った反応になることも予想される訳です。民主党が勝てるのかどうかも、今後次第という感じがします。


選挙

ずいぶんと久しぶりの更新となってしまいましたが、今週末の参院選について。

1月30日に帰国して、既に6ヶ月弱経ちました。選挙権は、当然のことながらある訳ですが、選挙場への入場証(なんて言うのか、正確な名称を知りません)が送られてきませんでした。家族のは送られてきていたことから、配達ミスという訳ではありません。一つ気にかかっていたのが、選挙人名簿への登録というもの。引っ越してから3ヶ月経たないと、選挙人名簿に登録されないため、選挙権はあっても投票できないということになる訳です。実は、4月25日に引っ越しをした(住民票を移した)ため、実家の方でも3ヶ月に満たず、引っ越し先も3ヶ月未満ということで、選挙人登録がされていないのではないかということでした。とはいえ、地方選挙では3ヶ月以上住んでいないと投票権がないというのは、まだ納得できるのですが、国政選挙なのになぁというのは、正直あります。
選挙管理委員会に連絡しても、選挙人名簿に登録されていない限り、選挙権はあっても選挙資格がありませんと言われて、なすすべなし。3ヶ月での登録というのが、既に救済措置済みらしいのです。まあ、引っ越してしまったのは自分なので、仕方がないのですが、何となく納得できないと言うか...。3ヶ月という数字が、どこから出てきたのかなぁ?というのと、何故その期間が必要なのかというのが、疑問ですね。


日帰りスキー [スポーツ]

一昨日の日曜に、日帰りスキーに行ってきました。場所は、群馬県にある”たんばらスキー場”。日本の中でもあまり大きくないスキー場ですが、日帰りであることを考えると、ちょうど良い大きさかも知れません。しかも日曜は、雲一つない快晴、しかも風もほとんどないという絶好のスキー日和でした。
スキーを始めてから、必ず毎シーズン一度はスキーに行っていたのですが、今年は帰国などがあり、無理かと思っていたので、かなり楽しめました。それに、コロラドの雪質を知ってしまっていますから、日本のスキー場では満足できないかもと思っていたのですが、思ったより雪質が良かったです。これなら、北海道とかに行けば、かなり楽しめそうです。今シーズンはもう難しいかもしれませんが、来シーズンには是非行きたいですね。


テレビ [テレビ]

日本に帰って来て、既に約3週間が過ぎました。やっと慣れてきたという感じです。しかし、実験を本格的に始められる状態ではないのは変わらない訳で、何となく焦燥感に駆られる時があります。

さて、今日はテレビ番組を見ていて、気づいたことを書こうかと。
何故日本の報道は、あれほど偏った情報、もしくは中途半端な情報しか流さないのでしょう?インタビューなどを短くするのは、時間の都合上、仕方のないことでしょう。しかし、そのインタビューに対する批判を報道しておきながら、インタビューの中でどのような流れの中で批判の元となる言動が出て来たのか、全く説明しようとせず、ただただ批判の元となる場面のみを報道し、キャスターやコメンテーターと称する人々が口々に批判しているのは、違和感を感じます。
さらには、キャスターやコメンテーターという人々はなんなのでしょうか?自分の専門外のことであっても、断定的な口調でコメントをしていますよね。何故専門外のことに、あれほど断定的なことを無責任に言えるのでしょうか?その無責任な発言に対しては、誰も批判しないのです。同じ報道関係者としての馴れ合いなのでしょうか?
日本の報道は、ニュースだけでなく、その解釈までもキャスターやコメンテーターの意見という形で放送されています。それに対して、視聴者の多くの人は、鵜呑みするかのように、その意見を取り入れてしまっています。この間の”納豆”報道などが良い例だと思います。このような状態で、キャスターやコメンテーターの意見と言うのが、いかに影響力があるかは、推して知るべしでしょう。それなのに、彼らの無責任な意見に対しての批判が全くないと言うのが、不思議です。彼らの意見をそのまま報道するというテレビ局の報道姿勢から判断すると、テレビ局そのものが影響の大きさを自覚していないのか?それとも自覚していながら、あえてそうなっているのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。