So-net無料ブログ作成
検索選択

最低保証年金?生活保護?

民自公が合意したようですが...。
結局、社会保障に関しては、全て棚上げ。増税先行が決まってしまいました。前回も書きましたが、増税自体には反対していないのですが、やるべきことをやらずにやるのはねぇ...。
それよりも、棚上げされた社会保障の中で気になるのが、最低保証年金。結局は弱者対策な訳ですが、生活保護と何が違うのでしょうか?受給年齢?いまいち、よく分かりません。そもそも、生活保護制度自体、おかしいと思っています。批判を承知で書けば、働く気があるけど、仕事が見つからないというのは、仕事を選り好みしている可能性は?本当に働く気があるの?何故、住居費が高い都市部に住まないといけない?など等、疑問はかなりあります。林業、農業など、働き手がいなくて困っている所はいくらでもあります。そういう所に働きに行かないで、都市部に留まり、その分生活保護費を上乗せしてもらうというのは、本末転倒のような気がするのですが...。国として、生活保護を受給したいなら、どこそこに住んで、こういう仕事を手伝え、とか、いくらでもやりようがあると思うのですが...。生活保護制度に関しては、疑問は募るばかりです。それなのに、さらに最低保証年金の導入ですか?ますます分かりません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。