So-net無料ブログ作成

原発

昨日、首相官邸前で、かなり大規模な原発反対のデモがあったようですね。原発の問題は、非常に複雑で、一概には意見表明をできないと思っていたのですが、昨日のデモを見ていて、やはり前からある違和感を感じたので、少しだけ書いてみようと思いました。
原発は、確かに現在の科学では、完全に安全に制御できるとは思えません。なので、将来的には原発は無くした方が良いと思っています。しかし、現時点ではどうなのかと言われると、正直答えに困ります。東電の電気料金値上げには、もう少しやり方があるだろうと反発は覚えますが、原油高なのも確か。このままでは、燃料費だけで日本経済がダメになってしまうだろうと思えるほどです。なので、その場しのぎのための原発再稼働は仕方ないかなとも思えてしまいます。実際、原発を稼働していなくても、厳然として、燃料棒は発電所の敷地内にある訳です。この燃料棒は、条件さえ満たせば、すぐにでも臨界に達します。だから冷やし続けなくてはいけない訳です。その危険性を忘れて、ただ再稼働反対というのも変な気がします。もちろん、稼働し続けて、全ての燃料棒を使い切っても、放射性物質は残りますので、後処理の処理の問題は残ります。しかし、新たに燃料棒を購入することはせず、再稼働して、時間を稼いでいる間に、水力を含め、風力、地熱、太陽光、潮力等の自然エネルギーをフルに活用するように、国策として行うというのであれば、私は受け入れられます。もちろん、その間に新たな地震等の災害が起こり、福島原発のようなことが起こらないとは否定できませんが。
現在、原発反対と言っている人達は、エネルギー問題をどこまで考えて反対しているのでしょうか?その辺の主張が全く見えてきません。ただただ反対と言っているのでは、何も解決しません。その分節電しますというのなら、まだ分かりますが、そう主張しているようにも見えないし。いかがでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。