So-net無料ブログ作成
検索選択
アメフト ブログトップ
前の10件 | -

Week16 NFL 2006-7 [アメフト]

PhiladelphiaはDallasに快勝!これでプレイオフ進出も決定です。現在は、Division内の対戦成績により、同率首位になっていますが、来週の試合結果によっては、Dallasにまた抜かれてしまうので、来週のAtlanta戦も気を抜けませんね。昨日の試合では、Offense、Defenseともに、ライン戦を完全に制圧していたのが、大きかったですね。第2Q最初の残り1ydからのDallasのランプレイを、2nd Downから4th Down gambleまで3プレイ連続で止めたのが、象徴的でした。
しかし、今年のプレイオフ出場権をかけた戦いは、AFC、NFCともに面白いです。AFCは、DenverとNY Jetsが9勝6敗でWild Card争いのトップに立ってますが、8勝7敗のチームが4チームあるので、来週の結果によっては、そっくり入れ替わる可能性もあります。NFCは、Dallasが9勝6敗でWild Card争いのトップで、既にプレイオフ出場も決まってますが、残り一枠を、7勝8敗の5チームが争っています。しかも、NY Giantsがその残り一枠を勝ち取った場合、NFC Eastから3チームがプレイオフに出場することになります。今のところ、PhiladelphiaはNFC3位ですし、この場合の組み合わせはどうなるんでしょうね?


Bowl Season [アメフト]

今日のPoinsettia Bowlから、今シーズンの締めくくりであるBowl gameが始まります。来年1月8日にあるBCS Title gameまで合計32試合が行われます。
現在のBCSランキングでは、
1 Ohio State
2 Florida
3 Michigan
4 LSU
5 USC
6 Louisville
7 Wisconsin
8 Boise State
9 Auburn
10 Oklahoma
となっており、BCSランキングのTop 2がTitle gemeに招待、後はDivisionとランキングの順位などにより、各Bowl gameに招待されていきます。Bowl gameの結果により、今シーズンの最後のBCSランキングが発表されます。Ohio StateとFlorida、どちらが最終的に一位になるのでしょう?下馬評では、圧倒的にOhio Stateですが。


Week15 NFL 2006-7 [アメフト]

シーズンのNFLも、Week15が今日のMonday Nightを除き終了し、既に残り2試合となりました。ほぼプレイオフに出場するチームも絞られてきました。現在の各Divisionの首位は、
NFC East Dallas
NFC North Chicago
NFC South New Orleans
NFC West Seattle
AFC East New England
AFC North Baltimore
AFC South Indianapolis
AFC West San Diego
となっています。
Wild card争いの方は、全てのDivisionの2位チームにチャンスのある混戦模様のAFCに比べ、NFCでは、Philadelphia、New York、Atlantaの3チームに絞られています。
Philadelphiaは、McNabbが怪我で今季絶望となった後、Jeff GarciaがOffenseを率いていましたが、先週辺りから、49ers時代の感覚を取り戻したのか、一昨年、昨年の不振が嘘のような活躍です。McNabbのような派手さはありませんが、堅実なプレイ振りですし、Pass偏重だったMcNabbの時より、RunとPassのバランスをうまく取っている感じがします。DefenseもKearseが抜けた穴をどう埋めるのかが課題だったのですが、やっと全体として修正できてきた感じです。まだまだBlitzを入れた時の後ろの対応などに不安を感じさせますが。
これで来週のDallas戦が、地区優勝をかけての大一番になってきました。プレイオフ出場も勝てば、ほぼ決まるでしょう。来週クリスマスにある試合が楽しみです。


Heisman Trophy 2006 [アメフト]

今晩は、Heisman Trophyの授賞式です。3人の候補者の中で、最も有力なのは、Ohio StateのQB Troy Smith選手ですね。個人成績そのものは、Quinnには及びませんが、やはりチームをBCS Championship gameに導いているリーダーシップなどは、抜群でしょう。次点は、Notre DameのQB Brady Quinnでしょう。Notre DameをSugar Ballに導いた3,278 yards, 35 TDという成績は素晴らしいです。惜しむらくは、大事な試合で大活躍ができず、印象が薄いこと。それに、2年連続でHeisman Trophyの候補者に名を連ねたことですかね。去年は、最終候補者には残りませんでしたが、過去の歴史から言って、常に名前があがっている人への評価は厳しくなりがちなので。最後の一人、ArkansasのRB Darren McFaddenは、1,558 yards, 14 TDという、過去のRBでの受賞者からすると、平凡な成績です。去年の受賞者であるRB Reggie Bushと比較される形になると思うので、受賞は厳しいでしょう。
何はともあれ、今晩、授賞式です。

追記:Heisman Trophyは、予想通り、Troy Smithが獲得しました。しかも、過去2番目の大差での選出だそうです。


College Football 2006-2007 [アメフト]

NFL同様、College Footballも佳境に入ってきました。今年は、去年ほどタレントが少ないような感がありますが、その分チームとしてまとまっているところが多いようです。現在のBCSランキングは、
1 Ohio State
2 Michigan
3 Louisville
4 Florida
5 Texas
6 Auburn
7 Southern California
8 California
9 Notre Dame
10 West Virginia
となっています。
1位と2位のOhio StatesとMichiganが全勝です。この2チームは、Big Tenという同じDivisionに所属していますので、Regular Seasonの最終戦(11月18日)に対戦します。他にも全勝を守っている、Rutgersは13位になっていますが、一昨日の木曜の試合で3位のLouisvilleに逆転勝ちし、全勝を守ったので、来週のランキングではBest 10に入ってくるでしょう。Rutgersも最終戦で、現在10位のWest Virginiaと対戦しますので、その試合が最重要になって来るでしょう。そこで勝てば、BCS Championship gameに出場も夢では無いのではないかと。残りのチームの中では、FloridaとNotre Dameが面白い存在になると思っています。Floridaは取りこぼしをしなければ、Dotre Dameは最終戦で当たる現在7位のUSC戦で、BCS bowlに出場できるかが決まるでしょう。


T.O. back to Philadelphia! [アメフト]

NFLも第5週が終わり、各チームの今年の特徴が見えてきました。Eaglesは、昨年McNabbの怪我と、T.O.の言動に翻弄されたツケが出て、中盤からチームがボロボロになってしまっていたのを、今年はどう立て直すか、McNabbのリーダーシップの真価を問うような状況で始まった、2006-7シーズンした。そんな状況の中で、T.O.の移籍したDallasと、地元Philadelphiaで対戦する第5週は、鍵となる試合でした。
結果は、38-24で勝利!
完璧に、とは言えないでしょうが、T.O.をたったの3 receptionsに抑え、Bledsoeから3 interceptionsを奪ったのですから、十分でしょう。チームとしてまとまりのあるところを、同じDivisionのライバルの前で見せられたのが一番です。これで、Eaglesは、NFC Eastで首位。GiantsやRedskinsが、Cowboysと共にもたついている間に、差を広げておきたいところです。


NFLドラフト結果 [アメフト]

前回の記事に書いたNFLのドラフトが、先週の土日で終了しました。丸々二日間で、7巡目255人がドラフトで選抜されました。しかし、今回のドラフトは、予想外の選抜が多かったですね。まず第一が、No.1指名権を持っていたHouston Texansが、DE Mario Williamsを指名したこと。金曜日の夜になって、突然第一指名をWilliamsとして、契約したことを発表。かなり驚きました。Reggie Bushとばかり思ってましたから。さらには、Vince Youngを、Tennessee Titansが1巡目の第3指名で獲得。TitansがQBを欲しがっているのは周知でしたが、てっきりMatt Leinartを指名すると思ってました。Running QBであるYoungの能力がNFLで通用するかは未知数ですからね(Running QBは、Atlanta FalconsのVickを除き、みんなPlay styleをNFL型のパサーに変えられてしまっているので)。そのMatt Leinartは、1巡目ながら、何と第10指名。ちょっと驚きましたね。
Eaglesは、1巡目でDT Brodrick Bunkley、2巡目でOT Winston Justiceを指名。 4巡目と5巡目でやっとWRを指名。T.O.が抜けた後のWRの補強が最優先なのではと考えていた私としては、ちょっと驚きました。今年のドラフトには、WRで即戦力といわれるような選手はいなかったのは確かなので、それを踏まえてのドラフト戦略だったのでしょうが。
いずれにせよ、今回ドラフトされた選手が、活躍しはじめるのは、早くて2年後くらいでしょう。その時、何人が生き残っているのでしょうか?厳しい世界であることには変わりないですからね。


NFLドラフト [アメフト]

久々にスポーツ関連で。
明日、NFLのドラフト会議です。今年のドラフトには、昨シーズンと二年前のシーズンのハイズマン受賞者でUSCのMatt Leinart(QB)とReggie Bush(RB)、昨シーズンNo.1となったTexasのVince Young(QB)、ドラフト選手向けのトライアウトで一躍注目を集めたVanderbiltのJay Cutler(QB)、大学No.1 DEと呼ばれるN.C. StateのMario Williams(DE)、No.1 TEとなる可能性を秘めたMarylandのVernon Davis(TE)、ハイズマン受賞者のBushの影に隠れてしまったけど、彼より素晴らしいRBであると思われるUSCのLenDale White(RB)などなど、スター候補選手が目白押しです。第一巡目のHouston Texansは、Regie Bushを指名するだろうといわれていますが、どうなるでしょう?Eaglesは、T.O.が抜けたWRの補強をしなくてはいけませんが、誰を取ることになるのでしょう?


今後のEagles [アメフト]

先週末から、いろいろなニュースが飛びかって、Eaglesは混沌としてきました。まず、最初の出来事は、T.O.が自身のBlogに、彼の100回目のTD pass receptionを、メンバー紹介の時に観衆にアナウンスをしなかったことに対して、”Eaglesなんて、そんなレベルの組織さ”と書き、ESPNのInterviewで、”Packers QB Brett FavreがEaglesのQBなら、今季は全勝できているだろう”と話したことが、引き金でした。T.O.は、反響の大きさに驚いたのか、すぐさまチームに対して謝罪したとのことですが、Eaglesは、日曜日の対Redskins戦の出場停止処分を下しました。その余波からか、日曜日の試合は10-17で敗退。何年かぶりのNFC Eastの最下位に転落してしまいました。混乱はさらに続き、月曜日には、Eaglesは、出場停止処分のさらに3試合延長を発表、かつT.O.がもうチームに戻ってくることはないだろうというコメントまで発表しました。それに対して、昨日、T.O.はさらなる謝罪コメントを出しましたが、質問等には一切答えませんでした。

T.O.の言動によるチームのフラストレーションは、極に達しているようで、Head Coach Andy Reidが、彼に直接改めるよう言った後に、BlogとESPNへのコメントが出たことで、これ以上は我慢できないということになったようです。特に、Eaglesは、QB Donovan McNabbをFranchise Playerとしてチームの中心にすえており、その選手に対する誹謗中傷が、昨シーズン後半から再三に渡り続いたことも、原因のようです。
今後どうなるのか、全米レベルで関心が高まっていますが、T.O.が49ersからトレードでEaglesに来ることになった経緯を考えると、結局またかということになってしまっており、T.O.がいくら謝罪コメントを出しても、彼を変えることができないと判断すれば、Eaglesは、このまま今シーズン終了までチームに同行させないだろうし、さらには、今シーズン終了後、トレードに出すか、契約を破棄して、自由契約選手とするかのどちらかになるのではないかと思います。

チームとしてのEaglesは、日曜のRedskins戦で敗れたとはいえ、まだPlay Off進出のチャンスがあるわけですから、今度のMNFでのCowboys戦に、是が非でも勝たないといけません。さらには、T.O.がいなくても大丈夫だということをファンに示す意味でも、負けられません!


Eagles 4勝3敗 [アメフト]

昨日のEaglesは、21-42でBroncosに大敗。McNabbが最初の12回のパスを続けざまに失敗してたし、2 interceptされてたし、DefenseもBroncosにいいように走られてたし...。前半は7-28だったのですが、得点を入れたシリーズ以外では、Total獲得yardが4 yardしかないという、悲惨な状況でしたからね。後半は、T.O.の91 yard TD passで盛り上がりましたが、21-28となった第4Qに同点を狙ったLong Passがinterceptされ、その後は、もう追いかける力も無いという感じでした。Defenseも、先週のChargers戦で見せたようなContainが全くできていず、Openスペースを走られまくってましたね。

昨日の話題は、やはりPatriots LB Tedy Bruschiでしょう。Bruschiは、今年2月のSuperBowlで3回目のChampion Ringを手に入れた数週間後、軽い脳梗塞で倒れてしまいました。その後、約8ヶ月間のリハビリで、昨日完全復活!怪我人が多くて、今季は調子の上がらないPatriotsでしたが、Bruschiの活躍もあり、21-16で逆転勝利。復活に花を添えました。
もう一つは、GiantsのOwner Wellington Maraの追悼試合であった、Giants vs Redskins。36-0でGiantsが快勝し、NFC Eastの首位に。RB Tiki Barbarも206 yardを走るという生涯最高成績をマーク。二年目のQB Eli Manningは、着実に成長しているようですし、Eaglesが不甲斐ない今季は、NFC Eastは、このままGiantsに決まってしまいそうな勢いです。

しかし、今シーズンは本当に混戦模様ですね。AFCは、Coltsが快調に7連勝していますが、その他は、6勝2敗のBroncos、Bengalsのみ。NFCはもっと混戦。5勝2敗でGiants、Falcons、Panthers、Seahawksが並んでいます。4勝3敗のEaglesもまだまだいけます。来週同じDivisionのRedskinsとの対戦ですし、PlayOff進出のためにも、これ以上負けられませんので、奮起してほしいですね。


前の10件 | - アメフト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。