So-net無料ブログ作成
検索選択

Yankees 2008 [野球]

シーズンは、1試合しかまともに見れなかったので、今までノーコメントでしたが、久々にYankeesの話題を。
ご存知の通り、Torre監督が辞任して、Girardi監督に交代したYankees。このオフシーズンのニュースをちょっとあげただけでも、
1)A-Rodは、移籍前提だと思われる契約破棄、FA宣言。(3億5千万ドルの契約ってのは、ちょっとあり得ないですよね)
2)Pettiteが引退に近いFA宣言。(プレーするなら、Yankeesのみとのことですが)
3)Clemensも引退宣言に等しい、Astrosのアドバイザー就任。(さすがに、そろそろ限界ですかね)
4)Posada、RiveraがFA宣言。(こちらは再契約できそう??)
5)Cashman GMが来季のレフトはDamonと、松井は既に第4の外野手扱い。(膝の手術をする訳ですから、現段階では妥当な見解なのですが、日本人としては気になります)
と、まあ、大丈夫か?というニュースばかりですね。
Girardi監督とCashman GMの一致したチーム作りの基本は、若返りだと思います。そう考えると、キャッチャーはPosada以外にメジャーで渡り合える人がいないために、再契約を優先することになると思いますが、Riveraはどうなるのでしょうかね?Riveraは、ここ2年ほど、大事なところほど、打たれてしまうことが多くなってきてました。特にRedSoxに対しての成績が悪すぎますね。Joba Chamberlainなど、若くて良いピッチャーが成長してきたことから、彼らを新たなCloserとして、うまく育てることを考えるのも悪くないと思います。
松井に関してですが、ここ2年ほど、ここぞ!という時に限って、打ててません。確かに打点は多いかもしれませんが、本当に点が欲しい時には、かなりの場面で凡退が続いていました。プレーオフでの結果を見れば、よく分かると思います。これでは、第4の外野手扱いになっても、仕方ない面もあるでしょう。膝のクリーニングがうまくいって、来年は2年目のような活躍ができることを期待します。
A-Rodは、どうなるのでしょうね?正直、年棒が高すぎるだろうという気がしますが、それでも契約するだけの価値があるのでしょうね。今シーズンも、レギュラーシーズンに関しては、素晴らしかったですしね。Yankeesとしては、リーグに調停を申し出ることで、引き留めようとは試みるでしょうが、A-Rod側は、不利な裁定が降りることが確実なので、拒否するでしょうね。Yankees側としては、調停を申し出ておけば、A-Rodが入団したチームからドラフト指名権を譲渡されることになるのですから、とにかく調停申請をするでしょうけど。
こうなると、来期の3塁は誰が守ることになるのでしょうね。私は、若返り方針から考えると、3AにいるEric Duncanを、そろそろメジャーデビューさせるのではないかと思っているのですが、まだ早いのかな?
来年1月くらいまで、いろいろと選手が動くことになりそうですから、しばらくは、また傍観していたいと思います。


Andy Pettitte [野球]

Yankeesが、AstrosからFAになっていたAndy Pettitteと一年契約で合意に達したというニュースを聞きました。Pettitte投手は、2003年までYankees一筋でプレイ、昨シーズンまでの3年間は生まれ故郷のHoustonでプレイしたいということで、Astrosに所属していました。彼がNYから去ると決めた日には、NYのマスコミは”大損失”とトップニュースで報じていたくらい、Yankees Fanには愛された存在でした。昨シーズンまでのYankeesの先発投手陣の層の薄さは、ベテラン投手二人の存在を考えると、これで解消されるのかどうかは分かりませんが、うれしいニュースですね。阪神からポスティングで入団するであろう井川投手にとっては、中継ぎ降格となってしまうかもしれませんが。
Pettitte投手のYankees復帰により、Roger Clemens投手のYankees復帰まで、噂が立ち始めています。何が起こるか分からないとはいえ、これは無いのではないかと思うのですが。確かにClemens投手は、まだまだ現役でできる力を持っているでしょうが、Yankeesには既にRandy JohnsonMike Mussinaといった高年齢の投手が多いですから、そこにあえてClemens投手を取るとは思えないのです。年棒の高騰による贅沢税の問題も関わってきますしね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松坂投手はRed Soxへ [野球]

西武の松坂投手のポスティングの結果が分かりました。5111万ドル(約60億円)を入札したBoston Red Soxが、交渉権を獲得したようです。しかし、5111万ドルというのは、西武の全選手の年棒総額よりもはるかに多い額なのではないでしょうか?それに、Red Soxもちょっとやりすぎなのではないでしょうかねぇ...。確かに昨年のRed Soxは、先発投手の駒不足が露呈して、Playoffにも出場できなかったですし、Yankeesが交渉権を獲得するのを阻止するというのも、目標だったのかもしれませんが。これでは、不正入札と疑われても仕方ないですよね。MLBも、Red Soxが全額西武に払い込むかをちゃんと確認しない限り、移籍を認めないなどの措置を取らないといけないのではないですかね。それにしても、ポスティングというシステムは、とんでもない結果を生んでしまってますね。本当にこのシステムを続けて行くのが良いのかどうか、MLB側から疑問が出てきてもおかしくないような気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダブル松井 [野球]

Yankees松井選手の怪我の具合が大分良くなってきたようですね。昨日の診察で、両手での打撃が許可されました。これで、一気に今季中に復帰というのが現実的になってきました。チームトレーナーの方がしっかり管理しているでしょうが、使っていない筋肉をいきなり使うと、また怪我をしやすいですから、慎重にやってほしいですね。Yankeesも既にM33が点灯していますし、松井選手を焦らせる理由もないですからね。
対して、リトル松井と呼ばれていたMets松井選手は、2ヶ月くらい前にColorado Rockiesにトレードされてしまっていましたが、怪我も良くなり、昨日3Aから昇格。セカンドショートの両方で使いたいという監督のコメントもありましたし、残り一ヶ月強のシーズンですが、悔いの無いように頑張ってもらいたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

監督の権限 [野球]

昨日のYankeesの試合で、珍しい光景を見ました。
投手のMike Mussinaが、8回まで完封。しかし、9回にとうとう1点取られたところで、Torre監督は、ピッチャーを変えようとベンチを出かかりました。その時、Mussinaが”No! Stay there!”と叫んだのです。Torre監督は笑いながら、”OK, OK”と言い、座りなおしました。
選手の交代は、監督の権限であり、それに口を挟むのは許されないこととされています。大家投手が、監督から交代を告げられた時に、そっぽを向いて、ボールを渡そうとしなかったために、チームから罰金を科せられたということすらあったくらいです。
Yankeesは、前日に延長11回まで戦い、中継ぎ、抑えの投手を使いたくない状況であり、Mussinaはその状況をよく理解していたのからではあるのでしょう。Torre監督も、試合後に笑いながら、”Mussinaはチームの状況を理解しているから、ああ言ったというのを、私は理解している。別に(監督の権限を)傷つけられたとは思わない”と言ってましたが...。
テレビでもそのシーンを何回も流していましたし、メジャーで、選手が監督に逆らう(?)という珍しい光景でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

連続試合出場、途切れる [野球]

久々の野球ネタですが、悲しいお知らせです。
Yankeesの松井選手が、今行われているBoston Redsoxとの試合の1回表、浅いレフトフライを捕球しようとして、グローブが芝に引っかかったようで、手首を痛めたようです。映像では、手首と肘の間で、有り得ない方向に曲がっており、明日手術するというニュースも入ってきているので、骨折の可能性が高いのではないかと思います。
Yankees松井選手は、昨日まで1768試合(日本で1250試合、メジャーリーグで518試合)の連続試合出場記録を続けていましたが、この試合、1イニング満たずで退場したことにより、記録が途切れたことになりました。1768試合というのは、ものすごい記録でしたので、残念です。
全治までの期間がまだ分かりませんが、一ヶ月以上は確実に掛かるのではないかと思います。復帰後の活躍に期待したいですね。

============================================================
追記:
試合後のTorre監督のコメントでは、一ヶ月どころか、復帰には三ヶ月は掛かるだろうとのこと。スポーツ選手は、一概に治りが早いということもあって、一ヶ月くらいかと思っていたのですが、手首ということもあり、時間がかかるのかもしれません。一日も早い回復を祈ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Off Season追記 [野球]

Off Seasonの日本人選手の動向ですが、あえて一人書かなかった選手がいました。Brewersの大家友和投手です。日本人として、今シーズン唯一先発投手の座を守り抜きとおした彼がどうなるのか、すごい興味があったのですが、何故か情報が全くなかったのです。なので、あえて書かなかったのですが、昨日、一斉に記事が出ましたね。これで、何年契約になるかは分かりませんが、Brewers残留が決定のようですね。来季も、先発投手として、頑張ってほしいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Off Season [野球]

MLBはOff Seasonになって、各チームが来季に向けての戦力補強が始まっています。この冬は、183選手がFA宣言をしており、その動向とともに、年棒総額など、いろいろな要素が絡み合って、各チームが動いています。
日本人選手では、White SoxからMetsに移籍した高津臣吾投手がFA宣言をしており、Marinersの長谷川滋利投手は、球団が選択権を放棄したので、自由契約になり、動向が気になります。
Yankees松井秀喜選手は、やっと交渉が始まったようですが、15日までに決まらないとFAと同じ扱いになる可能性があります。ほとんどYankees残留で決定だと思いますが。
15日といえば、Mets石井一久投手も、来シーズンの選択権を持つチームの決定待ち。
Mets松井稼頭央選手は、来シーズンが3年目となりますが、トレードの話がやはり消えません。どうなるのでしょう?
Marinersに所属していましたが、今季のほとんどマイナーリーグだった木田優夫投手は、やはりFAとなってます。マイナーで22セーブを挙げていますから、年齢はネックになるとはいえ、セットアッパーとして欲しい球団が出てくるかもしれません。
Athleticsに所属した藪恵壱投手は、チームが来季の選択権を放棄、自由契約となっています。今年の成績と年齢を見る限り、MLBのチームが彼と契約するのは、ちょっと難しいかもしれないですね。
Cardinals田口壮選手は、去年年棒半減で1年契約を結んでいたので、今は自由契約扱いになるのかな?現在はカージナルスからのOffer待ちということなのでしょう。
Padres大塚晶則投手は、チームが来季の保有選択権を行使して、チーム残留が決定。
今年World ChampionになったWhite Sox井口資仁選手は、来季が2年目(3年目はチームが選択権を保有)ですので、そのままですね。
Yankeesとマイナー契約を結んでいた野茂英雄投手、Dodgersとマイナー契約を結んでいる中村紀洋選手、Redsoxとマイナー契約を結んでいたデニー友利投手の3選手は、どうなるのでしょう?

日本から新たに来る選手では、やはりソフトバンクからFA宣言した城島健司捕手が一番の注目ですね。Marinersを筆頭に、Padres、Metsが興味を示していると伝えられていますが、レギュラー確約を求めている城島選手と言葉の壁を考えるチーム側が歩み寄れるかが、契約できるかのカギとなりそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

World Champion [野球]

White Soxが4連勝でAstrosを破り、World Championとなりました。おめでとうございます。White Soxは88年ぶりのWS制覇。去年のRedsoxが86年ぶりだったことといい、名門復活の時期という感じなのでしょうか?井口選手は、メジャー挑戦一年目にして、World Championの一員となった訳で、しかもレギュラーとして活躍したのですから、素晴らしいですね。
今年のWhite Soxの勝因は何だったのでしょうか?いくつかあると思うのですが、一番の要因は、近年のパワー中心だったMLBが、薬物疑惑等の反省から、Small Baseballと呼んでいる機動力野球へと変化する過程にあって、一番うまく適応できたから、ということなのではないかと思います。適応できたことの一番の理由が、機動力野球が中心の日本のプロ野球経験者である井口選手であったようです。力対力の対決を楽しんできたファンにとっては、物足りないと感じることが多いでしょうけど、来シーズン以降もSmall Baseballが、中心となっていきそうな気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

World Series 第1戦 [野球]

昨日、World Seriesの第1戦がありました。5-3でWhite SoxがAstrosに先勝。もっと地味な試合になるかと思いましたが、かなり面白いWSにふさわしい試合だったと思います。残念なのは、Roger Clemensが2回終了後に足の故障で降板してしまったこと。あのアクシデントがなかったら、試合も分からなかったのではないかと思えるので、なおさらです。AstrosもRunnerを出していただけに、あと1本が出なかったのが、痛かったですね。圧巻だったのは、White SoxのCloser Bobby Jenks。ルーキーながら、今季途中からCloserになったJenksですが、99mphから100mph(時速158kmから160km)を連投、8回2死から3奪三振を奪って、完璧に抑えていました。昨日の様子を見る限り、彼を打ち崩すのは、かなり難しい感じでしたから、Astrosとしては、いかに彼を出さないような試合展開をするか、White Soxは、いかに彼につなぐかも、一つの見所になりそうですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。